? 避けられない抗がん剤療法による副作用

避けられない抗がん剤療法による副作用

抗がん剤を使ってガン治療を行う場合の副作用として最も多くの人が持っている印象は、どんな症状でしょう。

サイトトップ > 副作用による脱毛

スポンサードリンク

避けられない抗がん剤療法による副作用

副作用による脱毛


抗がん剤を使ってガン治療を行う場合の副作用として最も多くの人が持っている印象は、どんな症状でしょう。インパクトという意味では、やはり脱毛が一番大きいのではないでしょうか。 抗がん剤を使用した人の毛髪が抜けるという事は、様々な創作物でも描かれているので、ガン治療をしている人と面識がない人でも、この副作用に関しては知っているというケースが多いことでしょう。 実際、それまでガンである事を隠していても、脱毛によってそれが明るみに出るというケースはよくあります。


この副作用は、抗がん剤が髪の毛の根本部分の毛母細胞にダメージを与える事で発生します。 毛髪だけではなく、眉毛やまつ毛が抜けるケースもあります。 ガン患者の中には、体中のあらゆる毛が抜けてしまった人もいるでしょう。


抗がん剤による脱毛の副作用は、抗がん剤の投与開始から2~3週間で発生すると言われています。 ただ、悲観的になる事はありません。 この脱毛状態はあくまでも抗がん剤の投与中に発生する症状で、治療を終えれば2~3ヶ月で回復します。 とはいうものの、女性にとっては大きな問題となります。 その為、ガン患者用のウイッグを作る人もいるようです。 また、スカーフやバンダナを使って頭部を覆うケースも多く、治療中はそういったアイテムを使用して過ごすのが一般的です。


治療を終えて毛髪が生えてくると、その毛髪の性質が大きく変わっているという事があるそうです。 その場合、毛が柔らかく、細くなる事が多いようです。


避けられない抗がん剤療法による副作用

MENU



スポンサードリンク